[rentwi.hyuki.net]

Rustで「ミュータビリティは束縛に付与できる属性であり、構造体自体に付与できる属性ではありません」というのにふむふむ。
http://rust-lang-ja.github.io/the-rust-programming-language-ja/1.6/book/structs.html

Rustのmatchで複数の「腕」のvalがダブったらどうなるんだろう(最初にマッチしたものなのか、コンパイルエラーなのか。後者と予想。あとで試す)
http://rust-lang-ja.github.io/the-rust-programming-language-ja/1.6/book/match.html

Rustの列挙型に対するmatchは楽しくて気持ちいい
http://rust-lang-ja.github.io/the-rust-programming-language-ja/1.6/book/match.html

Rustの分配束縛でのxがよくわからない。(2)のxがフィールド名ならば(3)のxは何だろう。
http://rust-lang-ja.github.io/the-rust-programming-language-ja/1.6/book/patterns.html https://t.co/IuCH4b50rm

Rustのmatchでのrefやref mutのキモチがわからない。あとで考える
http://rust-lang-ja.github.io/the-rust-programming-language-ja/1.6/book/patterns.html https://t.co/0DWPU4hP6F

Rustのメソッド構文楽しい。&selfを明示的に渡せばJavaでいうインスタンスメソッド(風)で、渡さなければクラスメソッド(風)。
http://rust-lang-ja.github.io/the-rust-programming-language-ja/1.6/book/method-syntax.html

Rustは前から気になっていたのですが、昨日から急に「プログラミング言語Rust」を読み始めました。4.1「変数束縛」から始めて4.15「メソッド構文」まで読みました。続きはまたいつか。

と思ったら、6月にも環境整えたりしてた。もう忘れてたよ…どうりでrustcがすぐに動くわけだ。
https://snap.textfile.org/20170617211954/

Rustのmatchでの分配束縛を試していました。フィールド名として意識されていて、しかも変数として使えるようですね。x,yを入れ換えても正しく認識してくれるため。
https://play.rust-lang.org での実行) https://t.co/420Jg00nS9

Rustでmatchの「腕」のvalueにだぶりがあったらどうなるか。予想は外れて、上から順に見ている模様。そして、よりspecificなものを上に書けば警告はでない。specificなものを下に書くと、unreachableの警… https://twitter.com/i/web/status/894104078770253825

プログラミングRust読みながらメモを取る。 esa.io 最高かよ https://t.co/CRe97uL5gC

κeen(@blackenedgold)氏のこの記事すばらしいな。
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2017/07/10/110000

@blackenedgold Rustの所有権と変数束縛を考えたときは、確かに「変数は箱」よりも「変数は値につけた名前(というか付け替えできる名札)」の方がメンタルモデルに近いなあ。

@blackenedgold プログラミング言語Rustはジェネリクスまで来た。続きはまたいつか。

@blackenedgold Rustはけっこう好きかも。

2017-08-06 (Sun) 15:02:31