[rentwi.hyuki.net]

鏡さんの意見に全面的に賛成です。以下は結城の意見。掛け算順序問題に限りませんが「正しい」意見を書いてくださる識者の方々には、言葉遣いに十分に注意していただきたいです。正しければ正しいほど、丁寧な言葉遣いや相手への配慮が求められます。せっかくの正しい意見が嫌悪されかねないからです。

(*'-'*) .。oO(ああ、これ、まさに今日、結城メルマガに書いた話ですね…

「正しい意見」こそ、最新の注意を払って提示すべきですね。正しい意見なら、良識ある人は迷わず賛成します。しかし、その述べ方が、他者をなじったり、誰かを小馬鹿にする表現で満ちていたらどうでしょう。「正しい意見」こそ、広まってほしい。だからこそ、丁寧な口調で語るべき。

(再掲)
「ささやき声でも真理は真理」
(双倉図書館に掲げられている名言より)

丁寧な言葉遣いをしても、真理が曲げられることは決してありません。しかし、乱暴な言葉遣いで「真理が届けられない」という危険性はあるのです。

もしあなたが「この人は正しいことを言ってるけれど、言葉遣いが乱暴だから伝わらないな」と思う人がいたら、優しい言葉でそのことをその人に伝えてあげてくださいね。優しい指摘は大事です。その「優しい指摘」を受け入れるかどうかは、その人次第になりますが。よろしくお願いします。

以前も結城メルマガで書きましたが、

「こんなことを書くお前はバカだ」

という書き方と、

「こんなことを書くのは良くない」

という書き方。どちらもほとんど同じ意味なのに、与える印象はまったく違う。「ヒト」を非難するのか「コト」を非難するのか。あなたがしたいことはどちら?

人を非難したかったら、その人を名指しで批判すればいい。でも、もしも、行為を批判したいなら、人を批判するのではなく行為を批判すればいい。その方が相手に伝わるはず。「あんたはバカ」と言われたらたいてい即座にカチンとくる。でも「あんたのこの行為は誤り」と言われたら、思い返す余地がある。

言葉遣いも大事です。「おめえ、ずっとこんなことをやってきたのか!バカじゃねーの?」と「こういうやりかたは、こんな欠点がありますよ」とを比較せよ。

今週の結城メルマガにも書いたことですが、人は、自分が言われたら嫌な言葉で人を批判するものです。なので、安易に人を「バカ」呼ばわりする人は「バカ」と呼ばれることが嫌いな人なのでしょう。でも、大事なのは、喧嘩することじゃなく、いい考えが伝わることです。論争相手をバカにするのではなく。

論争相手に、丁寧な言葉で「これは、正しくはこうなんですよ」と伝えることが大事です。無言でそのやりとりを見ている無数のギャラリーがいるのですから。

「正しい答え」を持っている人ほど、うろうろしている人や、迷っている人や、間違った答えを抱えている人に、丁寧な言葉遣いをしていただきたいと強く願います。だって、正しい答えが、きちんと伝わってほしいから。

>正しい答えを持っている人ほど、丁寧な言葉遣いをしてほしい

http://rentwi.textfile.org/?818682844331417600s

s/最新の注意/細心の注意/

2017-01-10 (Tue) 13:56:15