[rentwi.hyuki.net]

ここ十年ほど数学読み物を書き続け、十数冊の本を上梓しての知見を一言で書きます。「数学をできるだけ正しく描く努力をし、学ぶ喜びと困難を表現することができれば、数式がたくさん出てきても、キャッチーで安易な面白みを追求しなくても、専門家を含むたくさんの方が応援してくださる」ということ。

数学の面白さは、数学そのものの中にあります。だから、数学をきちんと書くことができるなら、わずかでもその面白さを描くことができるなら、ちゃんと読んでくださる読者はいるし、ものすごく応援してくださる。そのことを強く感じています。

いつものように《読者のことを考える》という原則が大事なのは言うまでもないですが、書き手である自分自身が「なるほど!」と思ったり「これはすごい!」という実感を持つことが大事だと思います。つまり、書き手は学び続けなくてはいけない。学ぶから感動があり、学ぶから驚愕があるのです。

筆者が「なるほど!」と思わないのに、読者が「なるほど!」と思うことは少ないし、筆者が「すごい!」と思わないのに読者が「すごい!」と思うことは少ない。

著者の仕事は、感動を作り出すことではなくて、感動を伝えることなのです。感動はもうあるんですよ。それを言葉で伝えるのが仕事。言葉を選び、順序を変えて、読者に送り出す。そのクラフト作業が著者の仕事。感動を見つけられていないのに、言葉をいじくって読者に感動を届けることは不可能。

人間の感動は、人間の心の中に生まれる。だから、読者の感動は、読者の心の中に生まれる。文章を読んで、心の中に、読者自身が感動を生み出すのです。

それは、プログラミングに似ている。プログラマはプログラムを書いて、実行ボタンを押すしかできない。あとはコンピュータに…プログラマよりもはるかに高度なことができるコンピュータに…委ねるしかない。

著者はテキストを読者に送る。そこから先は100%読者の世界。きちんとテキストが書けたなら、著者とは違う世界に触れている読者が、読者の世界の中でそのテキストを結実させることができる。

読者にテキストが渡った後での「著者の無力性」を意識することは大事です。そして「著者に対する読者の優位性」を意識するのも大事。読者はいつでも本を閉じる強権を有する。そして、その一方で、著者以上にそのテキストを展開・活用できるのです!

そのような、読者を信頼する気持ちがなかったら、本を書く意味はほとんどありません。読者はすごいはず。私とは違う世界をたくさん知っているはず。その読者にこれを伝えられたなら、すごいことが起きるはず。著者としての私は、伝えることまでは頑張る。あとは信頼している読者に任せよう!

著者と読者は対話をしている。誰だって、信頼している人と対話したいもの。私はあなたを信頼します。そしてできるだけの言葉をあなたに伝えます。もしも、気に入っていただけたなら、私の他の本も読んでみてくださいね。

直接面と向かって話すことができる人数は少ない。でも、本という形なら、北海道から沖縄まで言葉を送ることができる。しかしそれでも基本は一対一の信頼です。著者と読者の、わたしとあなたの信頼で、読書というものは成り立っているのです。

以上、
>著者と読者の信頼関係
という話でした。この連ツイは、以下のURLにまとまります。
http://rentwi.textfile.org/?794421159244636160s
そして、いつか結城メルマガの読み物になるかもしれません。
http://www.hyuki.com/mm/

2016-11-04 (Fri) 15:08:58