[rentwi.hyuki.net]

質問(プログラマ、知識不足を痛感)

そうですね。知識不足、勉強不足を痛感し、何とかしなくては!という気持ちでいることは非常に多かったし、現在だってそうです。(続く)

#結城浩に聞いてみよう
https://ask.hyuki.net/q/20210721080459 https://t.co/IDcu5XHg2N

その気持ちについては「プログラマの心の健康」というページで詳しく書きました。最初にある「情報不安」です。いまから25年前の話(!)です。

◆プログラマの心の健康(1996年)
https://www.hyuki.com/kokoro/

学び続けることが仕事の一部であるプログラマ(IT技術者)は非常に多いでしょう。しかし、学ぶべきことは加速度的に増えていき、しかも多岐に渡ります。その一方で個人の能力はいくらがんばっても加速度的には上昇しません。何だったら低下していきます。なので、まずは焦らないことが大事です。

あなたがすばらしいのは、知識不足を痛感して意識して勉強しようとなさっていることです。多くの人が自分の知識不足に気がつかず、気がついても意識して勉強しようとはしません。さらにあなたのいい点は勉強を「習慣化」している点です。習慣は強いです。

あなたは「習慣化していること」を意識化しています。これも強いです。もう一歩進んで #メタ な思考も大事になると思います。自分の学び方を学び、改善方法を改善しようとするということです。

あなたがどうすべきかはわかりませんが、思うところを少し書きます。

学ぶべきことがたくさんあると、つい「絞ろう」と考えてしまいます。でも絞ってしまうと今度は「これでは視野が狭くならないだろうか」と不安になってくるものです。

そこで大事になるのが思考の粒度を変えて考えることです。簡単にいえば「森を見たり木を見たり」するということ。これはプログラマが得意なことです。インタフェースに着目する(森を見る)ことや、個々の関数の実装に着目する(木を見る)ことを切り換えられるからです。

思考の粒度を変えることを、自分の学びに適用します。どういうことかというと、広く浅く自分の興味があるものをキーワードを使ってピックアップし、自分の関心の森を描いてみるのです。するとそれは大きくいくつかの分野に分かれるでしょう。

その上で、(いろんな切り口がありますがたとえば)
・自分の直近に必要な知識
・近い未来に必要な知識
・自分に直接関わらないかもしれない知識
に分類してみるのです(これは時間軸で分類したものです)。

時間軸の他には、自分に理解できそう、できなさそうのような分類もありますし、単純に業界・分野での分類もありえるでしょう。あるいはお金がもうかる・もうからないでもいいです。あなたなりの基準を作ります。

何らかの基準で「森」をいくつかの「林」に分割します。その上で、自分が勉強するポイントをそれぞれの「林」の中から選択するのです。いわば「木」を選ぶわけですね。

もちろんこれはイメージであって、そんなにきれいに分かれるものでもありません。また、各「林」からきれいに一本ずつの「木」を選ぶものでもありません。重要度に応じて軽重のバランスをつけることになるでしょう。

何を言ってるかというと、いきなり自分の学ぶことを「絞る」のではなくて、全体を見渡した上で絞ろうと言ってるのです。そして選んだ「木」に関しては深く学ぶ。このようなプロセスを経ることで、「森を見る」と「木を見る」の両方のいいとこどりをしようというのです。

「これ、学んでいていいのかな」と不安になったときには、自分がその学びを選んだ経緯を思い出すようにします。「これは、未来への種まきとして学んでたんだ」とか「直近の仕事に生かすために学んでたんだ」のようなメタ情報を思い出すのです。

これは「自分がそれを学ぶ意味や意義」をきちんと確認して学んでいるという態度になります。この態度は、あなたの長期的な学びを支えるでしょうし、また大失敗(こんなことに長時間費やしてしまった!)の確率を減らせるでしょう

もちろんときどきは(たとえば年に一度)自分の「森」を見返して微調整する必要があるでしょうね。世の中は動き、自分の関心事や、勉強の成果も変化するでしょうから。でも「森」と「林」と「木」を自分なりの学びの記録として残すならば(形式は自由です)、自分の長期的な学びの財産となるでしょう。

また、たとえば「一年の目標」などを立てる際に、ときどきの思いつきで考えるのではなく、「森」と「林」と「木」をベースにして考えることができます。

「過去のあなたが未来のあなたを応援する」形だといえるでしょう。

あなたの質問を読んで私が感じたことは以上です。何かのヒントになればうれしいです。ご質問ありがとうございました。

結城メルマガでは、質問への回答に加筆修正した読み物も掲載されています。知識を身につける。活動範囲を広げる。自分の未来を切り拓く。楽しく読めて元気が出る「結城メルマガ」は毎週火曜日配信です。単体の記事購入もできますし、定期購読もできます。購読初月は無料です。
https://link.hyuki.net/mm

>プログラマ、知識不足を痛感しているがどんなふうに勉強していけばいいのか
https://rentwi.hyuki.net/?1417622105617670145

なお、言わずもがなのことを書いておきますが、この連ツイで「勉強」と書いているのは、いわゆる教科書を開いて問題を解いてという狭い意味の勉強ではなく、何かを試したり経験したり人と話したりを含む「広い学び全般」を意味しています。

ごくまれに「勉強」という言葉そのものを「勉めて強いるもの」として拒否反応を示す方がいるので、念のために補足しました。そういうところを気にするのが悪いわけではありませんけれど、気にしすぎると判断が濁るので注意した方がいいですね。

関連する読み物をリンクします。

やりたいことがあるけれど時間が足りない
https://mm.hyuki.net/n/n068fd6f19428#1LYOZ https://t.co/gqNI3khSMJ

変化が激しい分野ですぐに古くなる知識をどう学ぶか(仕事の心がけ)|結城浩
https://mm.hyuki.net/n/n2c4104d3999e https://t.co/Dws8Msv44E

たくさんの仕事をどう管理する?(Q&A)|結城浩
https://mm.hyuki.net/n/n09134e6d843f

文献を早く読むにはどうするか - 学ぶときの心がけhttps://mm.hyuki.net/n/ne6e5febf99c0#PlceG https://t.co/LacqXDHXy7

本はどんなふうに読むのがいいんですか?(Q&A)|結城浩 @hyuki #note https://mm.hyuki.net/n/n89942b3345ae

2021-07-21 (Wed) 08:07:02