[rentwi.hyuki.net]

質問(善意の厳しさ)

「ゼロイチ」の発想から逃れて「程度問題」として考えましょう。
卵を割るのに、やさしくコンコンと叩いたらきちんと割れますが、雑にハンマーで叩いたら潰れて料理になりません。(続く)

#結城浩に聞いてみよう
https://ask.hyuki.net/q/20210407084027 https://t.co/eAtWgzlwfF

善意の厳しさというものは確かにありますが、それに「いつも」従う必要はありませんし、「いつも」逃げるのも成長の妨げになりますね。

また厳しくしてくれる人「みんな」に同じ対応する必要もありません。

あなたはロボットではなく人間ですから。

あなたが感じている苦しさや威圧感は厳しくしてくれる相手に伝わっているでしょうか。いつも「逃げるか」「完全に従うか」というゼロイチで対処するというのは、すべての判断を自分が引き取ってしまっているということです。「いや、ちょっと、いまは無理です」のように相手に言えるかどうか。

相手からの厳しさの矢に、自分自身からの厳しさの矢を加えて「自分のことを思ってくれる人からの期待なんだから、逃げずに応えよ!」と自分を「いつも」突き刺してしまうとしたら、それはどうかとは思います。

「あるときには」従ってみる。「あるときには」逃げてみる。そしてまた「あるときには」そんなの無理っすと言ってみる。そんなふうに考えることができればいいのですが。

いつも・すべて・誰にでも・何があっても……を押し進め過ぎると、どこかで爆発したり折れたり逃げ出したりするのは当然です。

自分自身(そして相手を)を非・人間のように扱ってしまわないようにご注意ください。

ものごとにはいつも両面(N面)があります。あなたが「身勝手」と表現することは裏を返せば「相手からの無茶」の場合もありそう(いや、具体的な状況がわからないので勝手な想像ですが)。

もしも相手があなたに思いやりと適切な期待を持っているというのであれば、それをテストすることができます。あなたが「もう無理、逃げ出したい」というときに、その気持ちを相手に表明するのです(できれば突然ではない方がいいと思いますが)。それで相手があなたの話を聞いてくれるかどうか。

まとめます。

・ゼロイチの発想から程度問題へ
・すべてを自分で判断するのではなく、相手に自分の状況を伝える
・ものごとにはいろんな側面があり、自分にもいろんなときがあることを理解する
・自分を非・人間のように扱わない

状況がわからないのでごく一般的な回答になりましたが、何かのヒントになれば。

ああ、それからもう一つ。現在のように悩むこともまた、あなたの大切な一部です。全否定をしなくても大丈夫。ゼロイチに陥らないようにしましょうね。

ご質問ありがとうございました。

>「善意の厳しさ」を受け止めたいが
https://rentwi.hyuki.net/?1379580417280380928

最近はみなさんからの質問をベースにした文章が多めになっています。自分らしく生きる道を探すこと。他の人との関わりを整えること。楽しく読めて元気が出る「結城メルマガ」は毎週火曜日配信です。単体の記事購入もできますし、定期購読もできます。登録初月は無料です。
https://link.hyuki.net/mm

2021-04-07 (Wed) 08:42:57