[rentwi.hyuki.net]

今日も何名か参加してくださったようです。多謝〜😊 https://twitter.com/hyuki/status/1228160014965100546

noteのサークル機能がリリースされたので(中略)最近のマイブームはesa

大風桶屋繁盛論

結城浩のサークル:

・いまは暫定的に作業ログを配信している
・今度の講演の準備をesaで書いて、途中経過をサークルで見せちゃうのはどうか
・揮発性の(短時間でなくなる)コンテンツ

みたいなの。でもJust an ideaだからやる約束はしません。というか保証無しでやれるのが楽しい。

作業中のものを見せること自体には大きな意味はないけれど、見ている人がいると自覚することは私の仕事が進みやすくなるのでそこに意味がある。一言でいうと「少人数に限定された、結城を静かに応援してくれる他者の目の存在を感じることで、進捗を出そうとする試み」になります。

理屈をこねていますが、何かやってみたーいと思っているだけかもしれない。

現在はシークレットURLとしてesaの外部公開URLを用いているけれど、その他のクラウドツールにもたいていシェアできるものはある。私が使っているものでは:
・Simplenote
・Dropbox
・Evernote
・Dynalist
などなど。それらを「結城浩のサークル」で読めるコンテンツ用にする案もある。

どうも私は、
・完全に私だけで作業している(通常の執筆作業)
・不特定多数に公開する(Twitterなど)
という二つのあいだの場所を作ろうとしているっぽいな。

似た話題が以前あったぞ。
・編集さんも入ってしっかりまとめた有料の本
・自分が無料でWebで公開するテキスト
という二つのあいだのものとして、
・自分が販売する電子書籍、メルマガ、note
・自分が販売するnote
などを作った。

そのような□と○のあいだの△みたいなものを見つけてやってみたがる習性があるのかもしれないな(わかりにくくて雑なまとめ)

・Dynalistは誰でもView and/or Editできるリンクを作れてアカウントない人にもWebで触れるようにShareできるな。
・Simplenoteはタグのところに共同編集者を指名するみたい

Dynalistを複数人で編集するというのはなかなかおもしろそうな話。

明日の作業ログはDynalistで書いてみるか。

誰でも編集できるDynalistドキュメントを「結城浩のサークル」内に作ってみました。特に目的はなくて試してみるだけです。サークルメンバーの人は書いてみて。
https://mm.hyuki.net/circle/

お!noteのサークルで掲示板個別の書き込みにURLが着きましたね。

2020-02-14 (Fri) 08:35:34