[rentwi.hyuki.net]

「『世の中を良くする』という目的を達成するためには、嘘を言っても構わないし、デマを飛ばしても構わない」と考える人は存在する。そしてそのような人は、しばしば無自覚のまま世の中を悪くする。せめて自分はそのような人にならないようにしたい。

「良い目的のためには嘘を言っても構わない」と考える人は、話し相手を「だまそう」としているのだ。目的の良し悪しは関係がない。「嘘を言う」のは相手をだまそうとしていること。その時点で、相手を自分の目的のための道具扱いしていると言える。そんなことをしてはいけない。

人間だから誰しも間違う。意図せずして嘘を相手に伝えてミスリードしてしまうこともある。それはしょうがない。でも、明らかな嘘だと自分がわかっているのに、良い目的のためだからといって相手に「嘘をつく」のは悪いことだ。そう思わないとしたら、何かがおかしい。

嘘をつくのは、基本的に相手をだますこと。つまりそれは、相手との信頼の絆を切っても構わないと言ってることになる。たった一回の取引相手のように相手を扱い、だませたらもうけもの…という状態に近い。

2018-08-02 (Thu) 22:19:30