[rentwi.hyuki.net]

質問(的外れの指摘への応答)

興味深い質問です。まず「指摘に感謝」というのは二つの意味が混じっていることに注意します。「(A)指摘してくれた行為に感謝」と「(B)指摘の内容に感謝」の二つです。(A)は内容に依存しません。(続く)

#結城浩に聞いてみよう
https://ask.hyuki.net/q/20180728110859 https://t.co/l8zO1W1VvH

さらに「(B)指摘の内容に感謝」についても何通りものパターンがありますね。書籍の内容に関していうと、誤字脱字の指摘などは特に問題になりませんが、表現の解釈については複雑です。

「確かに指摘の通り」という場合でもたとえば「こんなふうに直したらいいですよ」というのを文字通り入れ込むことは避けた方がよくて、自分でその内容を理解して、全体の中の一部として解け込ませなくてはいけません。「他との兼ね合い」というものが生じるからです。プログラムと似ていますよね。

「それは的外れの指摘だ」と思うこともありますが、 #メタ な発想に進んで、「どうしてこの読者はそのような理解をし、このような的外れな指摘をしたのだろうか」と考えることは極めて大事です。というのは誤読をした理由がどこかにある可能性が高いからです。それを考えさせてくれる指摘は有益です。

指摘してくれた相手にどのように返すかは場合によりますが、どんな場合でも感謝は可能であることがわかると思います。手間という意味で、実際にそれを相手に返すかは場合によりますが、感謝しています。

うっかり返信するとめんどくさいことになりそうなメールというのもたまに来ますが、そういうときは感謝しつつも返信しないことが多いですね。めんどくさいことはしばしば信じられないくらい時間と心的パワーを消費するからです。

ということで「的外れの指摘」に関しては、
(1)指摘してくれた行為はすべて感謝
(2)その指摘が来た理由を考えるのは役に立つ
(3)返信するかどうかは状況次第
ということになりますね。以上です。

2018-07-28 (Sat) 11:10:42