[rentwi.hyuki.net]

信仰を持って二十数年になる。神さまのおかげで良い日々を過ごすことができていると改めて思う。悪いことや困ったことが起きないわけではないけれどそれに対処する態度が整えられた。自分が聖人君子のように生きてこれたわけでもないけれど自分が聖書の基準からずれていると感じられた。恵みである。

朝、歯を磨きながらそんなことを考えていた。

自分の望み通りにならないこともたくさんあったけれど、私の望み通りにならないことで、私の想像以上の良いことが私の身に起こるということはもっとたくさんあった。私が私の人生を支配しないことで私は幸福である。

私はクリスチャンで、聖書の神さまを信じています。それは盲目的に従うのとは違います。聖書を読むのは愛する人から届いた手紙を読むのに似ています。意味がわからないところもあれば反感を覚えるところもあります。でもあの人からの手紙なので注意深く読み、現在の自分にとっての意味を考えるのです。

こういう話に興味がある方は、こちらもぜひご覧ください。1999年に書いた文章です。

結城さんがクリスチャンになったきっかけを教えて下さい
http://www.hyuki.com/dig/chrqa.html

聖書と教会を選ぶための簡単なガイドも書きましたので、よろしければどうぞ。
聖書を読みたい・教会へ行きたい http://www.hyuki.com/church/

2016-09-28 (Wed) 06:45:41