[rentwi.hyuki.net]

先月からこのCO2センサーを利用中。設置してからこまめに窓を開けるようになりました。数値は誤差が大きいので参考程度。緑・黄色・オレンジ・赤の色を使って窓開けタイミングを見てます。いいですけれど、CO2濃度が高くなりすぎたときのアラームをオフできないのが欠点か。
https://www.amazon.co.jp/dp/B09QP7LJLR/?tag=hyuki-22

なお、こちらの商品は私が「CO2センサーはいろいろあるけど何がいいでしょうね」とある研究者さんに尋ねたところ、検索して「スタートとしてはたとえばこういうの」と一例としてご紹介いただいたものです。ほんとにちゃんとしたものはバンと値段が跳ね上がるので、リーズナブルな範囲で。
#関係性明示

4色のうち1色が常時ぴかぴか点滅して現在の状態を知らせて視覚的にうるさいので、振り向いたときに見える場所に設置しています。電源はUSBで、私はiPhoneのサイコロみたいな電源アダプタを利用して100Vにつないでいます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B09QP7LJLR/?tag=hyuki-22

なお、とある研究者さんに尋ねる前の事前調査としては検索してこちらのページを読んでいました。要点は「光学式」+「補正機能つき」のものを選びなさいということだと私は読みました。

◆岩手県 - 二酸化炭素濃度測定器(CO2センサー)を使用する際の留意点について
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/anzenanshin/seikatsueisei/1032419/1044206.html

外気の二酸化炭素濃度は通常415ppm~450ppm程度というのと、室内の二酸化炭素濃度が1000ppmを越えたら換気という大ざっぱな目安は、毎日こちらのCO2センサーの数字を見ている感覚からもよくわかるようになりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B09QP7LJLR/?tag=hyuki-22

>結城が個人的に使っているCO2センサーの話
https://rentwi.hyuki.net/?1594827965497749504

アマゾンリンクはアフィリエイトです。ここで紹介した商品は、たまたま結城がここひと月実際に使っているものなのでリンクしていますが、これを絶対的に勧めているわけではありません。商品としてリーズナブルな価格とはいえ、それなりの値段ですから、ご自身の判断で。
https://www.amazon.co.jp/dp/B09QP7LJLR/?tag=hyuki-22

CO2センサーのチェック方法の一つが(当たり前のことですが)おもしろかった。検知部に呼気を吹きかけると二酸化炭素濃度が測定上限まで急上昇するというもの。

◆岩手県 - 二酸化炭素濃度測定器(CO2センサー)を使用する際の留意点について
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/anzenanshin/seikatsueisei/1032419/1044206.html

なるほど。私は散歩に出るときに部屋の窓を開けて出て行き、閉め切りのまま24時間ということはないので循環論法は避けていると認識しています。900ppm過ぎたあたりで窓開けするので1000ppmまで上がることはあまりないですかね。コメント感謝です。
https://twitter.com/tomoak1n/status/1594834834538602499?s=20&t=jlduJWpSPUpTHfCUHcdZNA

2022-11-22 (Tue) 07:59:52