[rentwi.hyuki.net]

「手づくり」とや「手もみ」とか「手こね」とか「手塩にかける」とか…「手」がつくのお気持ちが面白い。

「手がかかった」と「目をかけてやった」の気持ちの違いはどこにあるのか。

「本日は機械が故障しているため手打ちうどんは販売できません」

「手」というのは作成プロセスではなく、そこに込められた気負いとか意気込みとか(ここで書くのがめんどくさくなった)

自分の意思でどうこうするのが手で、そうではないのが足、という仮説
https://twitter.com/reviverappapyon/status/1106481998485323776?s=21

2019-03-15 (Fri) 09:01:38