[rentwi.hyuki.net]

質問(理系大学生、テストが苦手)

あなたの質問を読みながら考えたことをあれこれ書いてみます。質問を読んでいて最初に引っかかったのは「大学は学校なのでテストがあります」というフレーズでした。(続く)

#結城浩に聞いてみよう
https://ask.hyuki.net/q/20180628170119 https://t.co/VURfd8kcvZ

確かに「大学は学校なのでテストがあります」というのはまちがってはいないですけれど、何となくピントを外しているように感じたのです。テストは、その科目のその授業内容を理解し、そこで習得すべき知識や技能がある水準まで習得できているかを試すためのものですよね。

あたりまえのことかもしれませんが、あなた自身はそのことをよく理解なさっているかどうか。

あなたの質問を読んでいて「コツコツノートを読む」「紙にいっぱい問題を解く」「自分でもそれなりに勉強する」という学習プロセスのことには触れているのですが《自分の理解》に関する表現がないことがとても気になるのです。

高校生から「テストで問題が解けない」という質問を受けるとき、結城がいつもいうのは「もしも時間をたっぷり掛けたらその問題は解けますか?」ということ。つまりテストは時間制限があるので、時間が足りずに解けない可能性があるからです。《理解が足りない》と《時間が足りない》とは異なる話。

あなたは「テストがダメで評価が悪いことが多い」と書いていました。そのダメだったテスト、時間制限なしで(つまりテストという場ではなく)解いたら解けますか。もしも時間制限なしなら解けるというのなら、練習不足ということです。時間制限なしでも解けないなら、勉強方法がおかしい可能性あり。

大学でのテストを私が受けたのはもう何十年も前の話なので、あまり参考にはなりません(私自身もうまくしのげたとはいえませんし)。でもいまにして思うのは、大学でのテストはシンプルに「本当に理解していたら解けるが、理解していなかったら解けない」というまっとうなものだったと思います。

学びの方法はいつも同じです。《自分の理解に関心を持つ》ことです。自分がどれだけ努力したかではなく、自分なりにがんばったかではなく、どれだけ時間を掛けたかでもない。シンプルに「私はこれを理解しているか」と問うことです。テストは「あなたはこれを理解しているか」と問うているのですから。

「テストだけダメなのは大学行くことに向いてない」なんて、そんなことはまったくありませんし、そもそもロジカルでもないです。テストがダメだったときに、テストという場以外で解いてみること。解けたら練習不足。解けなかったら理解不足。日々の学習で「私はこれを理解しているか」と問い続ける。

以上、私はあなたが健康であることを想定してお答えしました。でも、もしも、あなたがテストが悪いことや評価が悪いことを非常に(生活に支障をきたすほど)気にしているのなら、リアルな助けを私ではなく適切な方に求めてください。心の健康は大事。それが崩れると適切な判断ができなくなりますから。

以上です。

2018-06-28 (Thu) 17:03:14